スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんどし姿の奇祭「湯かけ祭り」 八ツ場ダム水没予定地(産経新聞)

 八ツ場(やんば)ダム建設による水没予定地にある群馬県長野原町の川原湯温泉で20日早朝、ふんどし姿の男たちが2組に分かれて湯をかけ合う奇祭「湯かけ祭り」が行われ、住民らが地域の繁栄などを祈願した。

 氷点下4度まで冷え込む中、呼び出し太鼓の音が温泉街に響いた後、紅白に分かれた男たち約60人が湯元の共同浴場からが登場。「お祝いだ、お祝いだ」のかけ声とともに、一斉におけにくんだ湯を約1時間半にわたり、威勢よくかけ合った。

 川原湯温泉観光協会によると、約400年前に突然湯が出なくなった際、温泉臭に似た卵を産む鶏を源泉に献上したところ、再びお湯が吹き出し、うれしさの余り湯をかけ合ったのが由来とされている。

 以来、住民は絶やさず伝統の祭りを守り続けた。前原誠司国土交通相がダム建設の中止を表明し、生活再建計画が暗礁に乗り上げた今年も例年どおりに開かれた。

 24日も地元住民らと前原国交相との初の意見交換会が予定され、ダム問題は解決の糸口が見えない日々が続くが、川原湯温泉旅館組合長の豊田明美さんは「祭りは川原湯の象徴。前原国交相にも是非参加してほしい」。白組の大将、冨沢和久さん(41)は「ずっと伝統を守り続けていく。それだけです」と話していた。

【関連記事】
裸の男「蘇民祭」ポスター JR「今年は問題なし」
日本三大虚空蔵尊 圓蔵寺「七日堂裸まいり」
裸の思い残す 妊娠・闘病…30代女性がヌード撮影を依頼するワケ
冷水かぶって「エイッ!」 東京・神田明神で寒中禊
水着?下着?女性用ふんどし「ななふん」

【社会部オンデマンド】東京湾第2海堡の黒煙の正体は?(産経新聞)
ハイチPKOに自衛隊派遣=大地震被害に7000万ドル支援へ-平野官房長官(時事通信)
ミスさっぽろ 女子大生と会社員、2人に決まる(毎日新聞)
「空間」が売れる!! 短期OK 手軽に利用(産経新聞)
相場操縦容疑、会社役員を再逮捕=数億円の資金提供か-ユニオンHD事件・大阪府警(時事通信)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くまのかずあきさん

Author:くまのかずあきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。